婚約指輪(エンゲージリング)・ 結婚指輪(マリッジリング)の選び方 について

マリッジリングの選び方と注意点,人気のマリッジリング,リングピローの種類と選び方,ジェムケリーのリング,ニナリッチのマリッジリング,ブルガリのマリッジリング,エルメスのエンゲージ・マリッジリング,カルティエのラブリングの種類とコーディネート,婚約指輪(エンゲージリング)・ 結婚指輪(マリッジリング)の選び方,最新情報を紹介しています。


最新記事

マリッジリングの選び方と注意点

マリッジリングを選ぶ上で気をつけたいことは、なんといってもリングのサイズです。

ただ、自分の指のサイズというのは、案外わからないものです。

というのは、指のサイズは季節によって、そして一日の時間帯、体調によって、かなり変わってくるからです。

毎日つける結婚指輪の場合は、そうしたサイズ変動の範囲で平均サイズを求めるのが一般的です。

リングサイズゲージは千円くらいで入手できますので、手元において自分のデータをとってみることをおすすめします。


また、マリッジリングの購入はできるだけ計画的にやっていきましょう。

リングにいれる刻印はふつう、一ヶ月くらいはかかります。

結婚式の時の指輪交換に必要なものですから、結婚式の挙式のスケジューリングと一緒に、結婚指輪がいつまでに納品されるべきなのか、を逆算してマリッジリングを選んでいくことが重要です。 刻印 オーダー エンゲージリング シルバー



人気のマリッジリング

人気のマリッジリングをいくつかご紹介します。

ブルガリのビーゼロワン

:「始まりと終わり」「過去と未来」といった両極端のものの融合を表現した、一目でブルガリとわかるデザインが魅力です。

ただ、デザイン上、文字部分に汚れがたまりやすいことと、ホワイトゴールドは表面のツヤが鈍りやすいので、定期的にメンテナンスしてもらうためにも、近くにブルガリショップがあるとベストだと思います。

ティファニー

:有名ブランドのマリッジリングはそれぞれ人気がありますが、ダイヤの石入りのデザインを選ぶ場合は、やはり歴史あるジュエラーのブランドを選びたいところでしょう。

ダイヤモンドの品質に定評があるのは、なんといってもティファニーです。

小さなメレーダイヤにおいても厳格な検品基準があり、それをパスしたものでしかティファニーの刻印は許可されません。


ハリーウィンストン

:「キングオブダイヤモンド」ハリーウィンストンも人気が高いです。

ダイヤモンド好きにとっては一番のブランドといっていいでしょう。

実際にラインナップされているのは、HWリングという両サイドにハリー・ウィンストンの頭文字である「H」と「W」の文字が飾られたものです。

立て爪のデザインがとてもお洒落なので普段から身に付けたいと思わせます。 ゴールド プラチナ