カルティエのラブリングの種類とコーディネート①

1847年創業という伝統あるブランド、カルティエの代表的なジュエリーとして名高い、ラブリングですが、1969年に発表されたラブブレスレットをもとに1983年にラブコレクションとして新しくデビューしたものです。

カルティエのラブリングが象徴しているものは「永遠の愛」。世界中の恋人たちのためにつくったといわれています。 ブライダル エンゲージリング 婚約指輪 結婚指輪 マリッジリング トリニティリング

ビスモチーフが特徴ですが、これは、昔のヨーロッパで使用されていた貞操帯から着想を得たといわれています。

まるで手錠のように、お互いの腕を拘束しあう、という刺激的な提案で、1969年にブレスレットが発表された時は、とても話題になりました。ラブリングには、そんな意味が込められているのです。

カルティエが愛を象徴するシンボルとして打ち出しているラブコレクション。ラブリングはそのうちの一つです。 ピンキーリング エタニティ バレリーナ ペアリング c2リング ラブブレス

カルティエのラブリングの種類とコーディネート②

種類でみるとカルティエ・ラブリングは、地金と石入りかどうかで分かれています。

地金はイエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、プラチナの4種類。

そして、ダイヤが入っていない地金だけのものと、ダイヤが入っているハーフダイヤ、エタニティ状にダイヤが入っているフルダイヤといったラインナップとなっています。 チャーム c2 ミニラブリング 新作 パンサー ラドーニャ

カルティエ・ラブリングは、割と太目のデザインですので、どちらかといえば、指が細く長い人ほど、つけてきれいにみえます。

デザインの都合上、サイズ直しができませんし、必ず、買う前に店舗等で実際に付けてみて、鏡に写してみて、ぴったり合うか確認することが大切です。指が太めな人はミニラブリングの検討をおすすめします。


また、カルティエ・ラブリングのコーディネートとして、重ねづけはなかなかお洒落です。

ダイヤなしとハーフダイヤというコンビです。ハーフダイヤを婚約指輪でもらって、石なしタイプを結婚指輪として作った場合なんかにいいのではないでしょうか。 携帯ストラップ クリスマス限定 ラニエールリング マルチェロ タンクソロ ベニュワール cハート バロンブルー

関連エントリー

婚約指輪(エンゲージリング)・ 結婚指輪(マリッジリング)の選び方 TOP >  人気の婚約指輪・結婚指輪  >  カルティエのラブリングの種類とコーディネート