ジェムケリーのリング①

ジェムケリーは京都発祥の国産宝飾ブランドです。

名前の由来は、「ジェム」は宝石のグレードで最高級を意味し、「ケ」はアフターフォローを含めた「ケアー」、「リ」はリターンを(買ってくれたお客さんがファンとなって戻ってくれるように)、という意味があるとされています。

光を当てることで色が変わるアレキサンドライト、独特の蛍光色が魅力のパライバトルマリン、カナリアイエローや独特な桃色のファンシーピンクカラーのダイヤモンドといった、それまでは知る人ぞ知る、というマニアックな宝石を使うことにより、差別化しています。 恋運暦掲載商品 恋運暦 掲載商品 ダイヤモンドピアス

それまでは、パライバトルマリンをはじめとするこうした石は、産出量も少ない上に高品質なものはもっと少なく、裸石単位で買ってお気に入りのデザインに仕立てるというオーダーメイドが一般的だったのです。

ジェムケリーのリング②

ジェムケリーの看板商品は、高品質なアレキサンドライトやロイヤルブルーサファイアであるわけですが、価格帯が100万円クラスとなるので、誰でも付けれるものではありません。

より普段使いしやすく、手頃な価格帯、ということで登場したラインが、ディッチャです。スペイン語で「幸せ」と「喜び」を意味しています。

こちらは数千円から買える手に入りやすい値段帯になっています。

シルバーアクセサリーをはじめ、ピンキーリング、ブライダルリングなどがあります。 クリスマス ホワイトゴールド ジェムケリー

また、ジェムケリーのメンズラインに、セッテがあります。

イタリア語で幸運の数字である「7」から名づけられたもののようです。

「ラグジュアリーかつアヴァンギャルドなデザインで、上品さとセクシーのバランスを保つ ツイてる男のシルバーアクセ。幸運は、幸運を身につける人に舞い降りる。」がコンセプトです。

関連エントリー

婚約指輪(エンゲージリング)・ 結婚指輪(マリッジリング)の選び方 TOP >  人気の婚約指輪・結婚指輪  >  ジェムケリーのリング